賃貸マンションのリフォームしました

賃貸マンションオーナーのみなさま、退去後の内装リフォームに悩んでいませんか?

 

今回のリフォームはいつもひいきにしてくださっている丸亀市のマンションオーナーさんの物件で、ありきたりの回復工事ではなく、ちょっとおしゃれにデザインしてほしいという要望でした。

 

もちろんコストパフォーマンスも考えてすすめないと、投資回収ができなくては本末転倒です。

 

さて今回のR.Life劇場はどのように展開するのでしょうか。

 

このブログを書いた人:リョーゾー社長

内装工事職人歴20年、一級壁装技能士、ライティングコーディネーター資格者、3Dマイホームデザイナー操作技能者


↑もう一度ギターを手に取ってみよう

 

 

●築古アパートの内装リフォーム

 

このマンションは3LDKでそのうち二部屋は6畳の和室でした。

 

LDKや洋室も賃貸アパートのようなよくある雰囲気でした。

 

今回はこの和室を洋室に変更するのと、リビングの壁を壊してオープンスペースにすることがオーナーさんの希望でした。

 

平面図で言うと上のように変更することになります。赤の点線部分は壁撤去です。

 

下の平面図がもともとの間取りです。左のほうに和室が二つならんでいるのがわかりますか?

 

和室と和室の間はふすま撤去をして壁を作って遮ります。

 

 

●3Dにてイメージを作成

 

リフォーム前の和室のイメージは上のようなものです。

 

和室と和室の間は4枚引違ふすまが入っていました。

 

リビング、その他の部屋は白いクロス、床は木目の合板です。

 

 

●天井、壁、床をデザイン変更

 

それではいよいよこれをデザイン変更してみたいと思います。

 

 

 

 

 

マンションにありがちですが、鉄筋コンクリート造なので梁がたくさんあります。

 

梁をコンクリート打ちっぱなし、天井を落ち着いた色の木目模様の壁紙にすることでデザイナースマンションのような雰囲気にしてみます。

 

床はタイルカーペットを敷いて寒さを低減します。 

 

 

●実際に施工してみた

 

では完成写真を見てみましょう。

 

 

 

 

思い描いたイメージに近いものになったのではないでしょうか。

 

 

また押入もふすまだったものを木製建具につくり直し、とてもいい雰囲気になりました。

 

 

 

またキッチンもうえのもので、賃貸物件によくある公団型キッチンでした。

 

しかしさすがに10年以上借主さんが住んでいただけあってそのままでは貸せません。

 

そこで以前にも紹介したサンワカンパニーのキッチン「クドハーン」を設置しました。

 

→築古アパートもちょっとモダンに

 

 

         

 

 

●イメージ画像をさらにブラッシュアップ

 

おまけのようなものですが、今回は3Dイメージ画像に家具やカーテン、人物シルエットなどを加えてさらに生活のイメージが膨らむようにしてみました。

 

 

 

ここまでイメージ膨らめば人に貸すのがもったいなくなってきますね(笑)

 

 

(今回施工中の写真を撮り忘れたので、間取りと3Dの画像ばかりになってしまいました・・。)

 

↓内装のご相談はこちら

問い合わせはこちら

 

↓せめて「いいね!」お願いします。

 


 

リョーゾー社長と雲

プロファイル:

小山良造 1976年2月17日生まれ

●芸術的職人集団、㈱R.Life代表取締役。

●壁紙の職人として起業したのち内装全般を彩る職人として活躍中。

●日々の活動やホテルの内装、重要文化財の建築を見て回ったり、海外の展示会に足を運んだりしたインテリアブログも好評。

●ちょっとした国際通。

●アウトドアスポーツが趣味。

芸術的職人集団 R.Life -アールライフ-

0120-6969-33

 

 

築古アパートもちょっとモダンに