重文見聞録3 小比賀家住宅

今回は高松市御厩町にある重要文化財、

 

小比賀家住宅にお邪魔しました。

 

表庭のパノラマ

 

この住宅、江戸時代の初期に建てられすでに400年以上の

 

歳月を経ており、耐震工事と白アリ被害のために2年前に

 

修復工事をしたそうです。

 

白アリ補修の後

この小比賀家は甲斐武田氏の子孫にあたり、

 

戦国時代には讃岐国室山城主であり、

 

江戸時代には大庄屋などの役をつとめていたそうです。

 

●外観

 

小比賀家住宅の外観で最も特長的なのは

 

長大な長屋門です。この長屋門は約30tの茅が使われていて

 

長さ36mもあり、重文指定の長屋門としては

 

日本最大級のものです。

 

小比賀家長屋門

 

長屋門正面

 

この長屋門は下の写真のように東半分の

 

内部は馬舎と牛舎になっていました。

 

厩

 

長屋門をくぐると広い表庭を隔てて主屋が建っています。

主屋

 

四方の庇と棟上の煙出しが本瓦ぶきになっています。

 

 

●広庭

 

中に入ると広庭と言われる25坪の土間があります。

 

400年前の小屋組み

 

当時一般来訪者はこの土間部分から上にはあがれませんでした。

 

この広庭を見上げると約400年前の梁組みが今なお

 

そのままの姿で残っています。

 

 ●勘定場

 

役室

 

役室

 

広庭から一段上がった板敷の間は勘定場と言われる

 

ところで、大庄屋をしていた時に受付事務所として

 

使われていました。

 

●小玄関の間、大玄関の間

 

小玄関の間

 

勘定場から一段高いところに畳敷の小玄関の間

 

があり、その隣に大玄関の間が続きます。

 

大玄関の間

 

小玄関は小比賀家と同格の来訪者用に

 

大玄関は高貴な来訪者のためにのみもちいられた

 

部屋で大玄関は入口の作りも矢印のように

 

差別化されています。

 

大玄関の間入口

 

大玄関奥には仏間と神の間あり、仏具類も昔のままだそうです。

 

仏壇

 

仏間は4.5畳の独立した部屋で、他の部屋よりも

 

一段高くなっています。まるでお寺の内陣のようで

 

一般民家の仏壇としては大変珍しいようです。

 

●座敷 下の間

 

下の間

 

大玄関から入ってきた高貴な人をもてなす場でした。

 

1間間隔で立っている柱は栂でできているそうです。

 

当然当時のままではないですが、座敷の間の畳縁は

 

大紋で、他と区別されていました。

 

下の間2 

 

 

上の間2

 

下の間釘隠し

 

●座敷 上の間

上の間

藩主とその親族が来訪したときだけに使った

 

最もこの家で最も格式の高い部屋です。

 

藩主の場合は入口も大玄関ではなく庭園から

 

下の間を通って上がってくるようになっていました。

上の間床の間

 

現在はこの部屋のみ壁は和紙にて仕上げられていました。

 落とし掛け釘隠し

床の間の釘隠し。

 

黒柿

床框は高級木材、黒柿であるようにみえる。

 

引き手紅葉

 

襖の引手は紅葉の形。

欄間

 

透かし欄間もセンスがいいと思いました。

 

●その他

 

各部屋には下の写真のような行灯があり、たぶん朱塗りの

 

遠州行灯であると思われます。

 

朱塗遠州行灯

 

  行灯の中    

 行灯の中。

 

居間には和ダンスや袴が置いてあり、貴重な柱時計も

 

吊るされていました。

 

 

柱時計

 

この柱時計は県下最古の舶来柱時計で明治11年に購入しされた

 

米国イングラハム社製だそうです。

 

 

庭は入れませんでしたが御厩焼きの元祖彦四郎

 

の作である手洗い鉢がありました。

御厩焼き

 

御厩焼き2

 

また庭園にはまるでツリーハウスのような亭があり、

 

茶室としてなど使われていました。

 

茶席2

 

茶席2

一本のモロダの木でできており、大変珍しいそうです。

 

小比賀家住宅は第3日曜日10:00~16:00しか一般に

 

公開されていませんので、ご注意くださいね。

 

           

0120-6969-33

内装リフォーム(クロス張り替え、クッションフロア張り替え、カーテン、ブラインド、ジュータン張り替え)

インテリアの相談、お気軽に→ 芸術的職人集団 R.Life -アールライフ-

重文見聞録2 萬翠荘