芸術的工作!R.Life社長室のインテリアたち

昨年事務所を移転して以来たくさんの方に見学いただき好評を博しているR.Lifeの社長室ですが、インテリア雑貨が増えてきたのでちょっと「ひけらかして」みたいと思います。

ふふふっ。


 

          

●スイッチ

岡山にあるインテリア雑貨の店AXCIS CLASSICのトグルスイッチ。オリジナル商品だそうです。

 

レトロなスイッチ、いつか使ってみたいと思っていました。

 

クラシックな照明器具あります

 

 

 

●レトロ電話

 

昨年観音寺市街で取り壊しになった古いお屋敷の中から持ち帰ってきたレトロ電話機。

ボディはウォルナットの木目シートを張りました。

 

海外のものかと思いきやNational製品。(今のPanasonic)

 

もちろん使えません。

 

 

 

●レトロ設計図の輸入壁紙

 

これは発明品の設計図に見えますが、アメリカの「YORK」社製のれっきとした輸入壁紙です。

 

 

 

 

壁に糊で貼り付けずにわざと押しピンでとめることで昔の発明家のデスクのように見せてます。

 

芸がこまかいでしょ?

 

 

 

●食器棚、ブックシェルフ

 

英国老舗家具メーカーJaycee Furniture製の食器棚。

 

16.17世紀にデザインされた家具を再現しているらしいです。

 

高級家具材となりつつあるオークでできています。

 

ガラスがかっこいいです。

 

 

 

●大正時代の愛知時計

 

以前にブログでも紹介させていただきましたが、社長室に入ると「かっちんかっちん」と懐かしい音が響いています。

 

手づくり雑貨の【Old Factory】にお邪魔しました。

 

これはOld Factoryで購入した愛知時計で大正時代のものです。

 

大変保存状態がよく、今でも時を刻み続けています。

 

週に1回程度ぜんまいを巻いてやらないと止まってしまうところとか、振り子の1秒のリズムをメトロノームの要領で調整するところとか、ハイテクなのにアナログなところがかわいくてたまりません。

 

 

 

●浮世絵

 

ちょっと汚れがありますが、明治か大正時代に刷られたという3枚組の浮世絵です。

 

モチーフとなっているのは渋沢栄一によって東京兜町に設立された日本最初の銀行、第一国立銀行(現在のみずほ銀行)です。

 

見ての通り洋風の建物の上に城郭のような建物があるどこにもない形が面白くて買いました。

 

明治時代に外国人の手を借りずに建てられた偽洋風建築で、当時の人々の度肝を抜いたことでしょう。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

R.Life社長室のインテリア雑貨もぜひ見に来てくださいね。

 

0120-6969-33

インテリアデザイン、内装リフォーム(クロス張り替え、クッションフロア張り替え、カーテン、ブラインド、ジュータン張り替え)

インテリアの相談、お気軽に→ 芸術的職人集団 R.Life -アールライフ-

 

 

芸術的工作!これがR.Lifeのオフィスだ!