壁紙の選び方 機能性壁紙とはどういうもの? Vol.1

納屋を店舗に芸術的リフォーム!

皆さん部屋のリフォームをするときにはどのような壁紙を選べばいいのか悩んだ経験があるのではないでしょうか?

私が多くのお客さんと話して壁紙を張ってきた経験上、壁紙選びには二つの方向性があると感じます。

 

 

一つは機能性重視の壁紙選び、

もう一つはデザイン重視の壁紙選びです。

 

私はこのどちらをお客さんが重視するかを意識しています。

(余談ですが、私はデザイン重視のお客さんを満足させるほうが圧倒的に難しいと思います。たぶん他の内装業者もそれが難しいがためにたくさんの機能性壁紙が生まれたのではないか、と思っています。

 

機能性で壁紙を選ぶとお客さんに説明がしやすいし、無難な色が多いのでお客さんも失敗した感が少ないからです。逆にデザイン重視、イメージ重視のお客さんの場合は仕上がりイメージが違ってしまうというリスクがあるし、カーテンや家具との調和も考えないといけません。しかしデザイン的にお客さんを満足させて行くことが壁紙の価値を高めていくことだと思っています。

 

もちろん機能性で選ぶお客さんに無理強いはしませんが。)

今回は機能性重視のお客さんに向けて、機能性壁紙の基本的な説明をしてみたいと思います。私が調べた主要メーカーの機能性には以下のようなものがあります。

 

  1. マッスルウォール
  2. アレルバスター
  3. 酵素パワー消臭
  4. 汚れ防止
  5. 汚れ防止+消臭
  6. マイナスイオン
  7. BlackBoard壁紙
  8. 汚れ防止+表面強化
  9. 通気性
  10. 吸放湿
  11. フィルム汚れ防止・抗菌
  12. スーパー耐久性(ペット対応)
  13. ウレタンコート
  14. ルームエアー
  15. 抗アレルゲン
  16. プロジェクター用
  17. アカルクス壁紙
  18. EBフィルム
  19. EBクロス

 

たくさんありますね。数回に分けて順を追って説明してみたいと思います。

 

 

[壁紙の選び方 機能性壁紙とはどういうもの? Vol.2]