ドイツでクロス張り。ギネス挑戦に参加しました!

2018年の1月10日~17日までヨーロッパインテリア研修

 

社員旅行に行ってきました。

 

今回は1月11日に行った世界最大級のインテリア見本市の

 

”heimtextil2018”でのわれわれの活躍(?)について書いて

 

みたいと思います。

 

 

●壁紙張り、ギネスに挑戦

今年のheimtextilでは100mの長さの壁に4日間、

 

約96時間をかけてリレー形式で壁紙を張る、という

 

チャレンジをやっていました。完成したらギネスに

 

申請するということです。

 

この企画の面白いところはドイツのプロ壁紙職人だけでなく

 

素人の人でも飛び入りで参加できるところで、

 

腕がうずいてきたリョーゾー社長も参加してきました。

 

 

 

「素人でも参加ってそんな簡単に壁紙張れないでしょ?」

 

と思う方もいるかもしれませんが、実は欧米の壁紙は

 

自分で張れるように商品設計されていて、実際に自分の

 

住宅は自分で張ることが多いのだそうです。

 

また、自分で壁にペンキを塗ることも多いようです。

【ドイツの壁紙職人ナショナルチームのキャプテン

と写真をとりました。】

 

このチャレンジを通して一般の人に「壁紙張るのは

 

難しくない」ということをドイツ壁紙協会がアピールして

 

いたようです。

 

 

 

「日本の常識は世界の非常識」と言ったりしますが、

 

欧米では塗装に比べて壁紙は高価な内装仕上げ材という

 

位置づけですので、こうやって壁紙の良さをアピールして

 

壁紙のシェアを増やす努力をしているわけです。

 

 

 

日本の住宅では真っ白な無地の壁紙が多いですが、

 

欧米の人は「それなら自分でペンキを塗れば安くていい

 

のに」と思うそうです。

 

 

 

ちなみに素人でも自分で壁紙張るのならドイツの壁紙

 

職人はどこで仕事をするのかと思いますよね。

 

ドイツの壁紙職人は一般の個人の住宅ではなく、

 

施設などの壁紙を張ったり壁紙以外の内装、ペンキなども

 

塗ったりするそうですよ。

 

 

0120-6969-33

内装リフォーム(クロス張り替え、クッションフロア張り替え、カーテン、ブラインド、ジュータン張り替え)

インテリアの相談、お気軽に→ 芸術的職人集団 R.Life -アールライフ-

 

リョーゾー社長ダウンライトをDIY