クロス糊の研究、ウォールボンド講習広島に参加しました。

去る、2019年9月14日、15日、広島市で開催された「ウォールボンド、クロスのり講習会」に参加しました。

 

ウォールボンド工業㈱

 

ウォールボンド工業㈱はクロス用の糊のメーカーで、そのウォールボンド工業さんが主催して糊についての科学的知識や糊選びのコツなど教えてくれました。

 

そう今回は職人さん向けの内容でお送りしたいと思います。

 

(最後にクロス職人向けの耳より情報があります!)

 


●西日本の職人さんが集結

 

 

今回の講習会、中国四国技能士会のメンバーはもちろん、東京、名古屋、京都、大阪、福岡からもたくさんの職人さんが来ていました。

 

なんと意欲的なのでしょうか。

 

京都の女流床職人で超有名ブロガーの渚さんも来ていました。

 

渚さんは床職人。

 

 

 

そして講師の先生はウォールボンド工業の施工アドバイザーも務める、長野県の三上表装店の三上和徳先生でした。

 

永咸堂 三上表装店

 

 

 

●濃厚な座学研修

 

座学では職人が普段知ることのない化学的な話も含め、糊選びのミスマッチによるクレーム事例やそれを防ぐ知識をお勉強しました。

 

これはクロスの横の縮み具合をグラフにしたもので、一般的にクロスは糊を塗ったあと一旦伸び、乾くと元の幅よりも小さくなることを示しています。

 

これは灰汁止めシーラーを塗った部分と塗らない部分での変色具合を実験したものです。

 

 

      

これはペンキの上にプライマー処理後クロスを張り、継ぎ目に補強の和紙テープを入れた場合と入れなかった場合の経年劣化を実験したものです。

 

 

●施工体験も充実

 

いくら座学がためになるとはいえ、さすがに丸2日間も座りっぱなしでは半分居眠りに行っているのようなもの。

 

そこは職人中心の講習会ですから、施工体験もたっぷりさせていただきました。

 

材料価格が高くて普段触れないような材料もここぞとばかりに準備してくれていました。

 

 

 

金箔クロス、銀箔クロスも施工体験できました。

 

これは今年2019年7月に発売されたトキワ工業㈱ウルトラスウェードを施工しているところです。

 

(ウルトラスウェードは本物の皮ではなく、人口皮革で質感はまさにスウェードです。)

 

壁紙のトキワ

 

これは茶室の腰張りに和紙を張る練習です。

 

 

 

 

 

これは壁紙張り替えの際に裏紙が残る従来の壁紙とは違う、剥がせるフリース壁紙です。

 

かんたんフリース

 

糊は一般的な原液使用ボンド入りの物を使っているにも関わらずこのお手軽な感じ。

 

将来の壁紙のスタンダートになっていく可能性は高いです。

 

 

 

●糊の違いを解説!

 

「一体いつになったら糊の知識を教えてくれるんだよ!」とイライラしながらブログを読み進めてくれた職人の皆様。

 

いよいよここらで職人しかわからない、職人にとっては使える知識、糊の種類の違いを公開してみたいと思います。

 

 

 

これは2種2号、原液使用タイプボンド入り糊のいわば汎用品。

 

希釈タイプと違って乾燥時間が長くとれるのでエコクロスなど乾燥の早いタイプのクロスなんかも使われます。

 

また糊の変色が希釈タイプと比べて少ないです。

 

このタイプの糊は使ったことある人のほうが多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

   

 

 

これは前出のウォールボンド100にさらに粘りを足したような糊で、実際に糊付けして張り付けてみるとよくわかりますが、下地にネチャッと強くくっつきます。

 

冬場の硬いクロスの施工などに向いているのではないでしょうか。

 

デメリットとしては初期接着力が強いので施工性が少し落ちて、ずらしがききにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

これはウォールボンド100にさらに倍量のボンドを混入したものです。

 

ボンドが多いと乾きが早いのではないか?と思う方もいるかもしれませんが、ウォールボンド工業さんのボンド入り糊には最初から乾燥調整剤が入っているため乾き時間を気にせずに施工できます。

 

くっつきの悪そうな下地や材料の場合に使うといいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

この糊は薬品を使って溶いた糊と違って煮込んで作った煮糊をベースに作られているものです。

 

薬品を使って溶いた糊に比べてさらに変色のリスクがなく、かつ煮糊の弱点である接着力と耐久性の弱さをボンドを入れることによって補った2種2号の糊です。

 

和紙壁紙や織物壁紙などの強通気性の材料に最適です。

 

デメリットとしては煮込むのに手間とコストがかかるために値段が高い!ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは向こう糊専用糊で、今回施工体験はできなかったものの、裏打ち紙のない壁紙、掲示板クロスなどの向こう糊に最適だそうです。

 

接着力が強く、床糊のようなイメージだという話です。

 

 

 

 

 

また施工体験の中で実際に「ふのり」を煮込んで作って使わせてくれました。

 

これも大変貴重な体験でした。

 

(むかしながらの煮糊、ふのりは大変腐敗が早いそうなので、自分で試される方はその点ご注意ください。またそのまま使えば接着力も弱いそうです。)

 

 

 

●ここで四国のクロス職人に朗報!

 

さらにここで一つ耳寄りな告知があるのですが、来る2019年11月22日(金)、丸亀市生涯学習センターで今回と同じくウォールボンド工業㈱さん主催のクロス糊講習会が開催されることに決まりました!

 

遠方まで出かけて出席するのは難しいという四国のクロス職人さん、ぜひとも会場に足を運び、さらなる技術力アップにつなげてください。

 

申し込み、予約は

r.life202020@gmail.com

 

までメールください。

 

お名前 住所 屋号 連絡先もお忘れなく!

 

 

 

0120-6969-33

内装リフォーム(クロス張り替え、クッションフロア張り替え、カーテン、ブラインド、ジュータン張り替え)

インテリアの相談、お気軽に→ 芸術的職人集団 R.Life -アールライフ-

 

 

 

手作り家具、手作り雑貨の【Old Factory 】にお邪魔しました