陥りがちなキッチンリフォームの失敗例|観音寺市の専門家が解決します!

「キッチンリフォームをしたけど、使い勝手が前よりも悪くなった。」
「お金を払って工事したのに、イメージと違う。」
このように、リフォームに失敗してしまうケースはよくあります。
リフォームを成功に導くためには、いくつかの失敗例を知ることが大切です。
そこで今回は、観音寺市の方に向けて、キッチンリフォームで陥りがちな失敗例をご紹介します。

 

□よくある失敗例3選

 

*スペースが狭くなった

キッチンタイプを壁付けのオープンキッチンから変えたときによく起こる失敗例です。
アイランドキッチンやL字キッチンは多くのスペースを必要とします。
そのため、間取りに無理やり押し込む形になり、窮屈さを感じさせます。
L字キッチンは、活用しにくいスペースが多いので、かえって調理スペースが狭くなる場合もあります。
また、使い勝手を考える際は、調理場の広さを意識することをおすすめします。
通路幅は90~110cm以上あれば、1人で利用する場合には不便に感じることは少ないでしょう。

 

*冷蔵庫やゴミ箱の置き場に困った

レイアウトが変わったことで、家具を入れるスペースが足りなくなった失敗例です。
「スペースが足りなくなったことで、余裕のある位置に設置し直したものの、以前よりも使い勝手が悪くなってしまった」などといったお悩みも多く耳にします。
特に、「ゴミ箱」は置き場を考え忘れることが多いため、注意が必要です。
家具の設置に失敗しないためにも、予め既存のキッチンで使っている家具や家電の大きさを測って、設置する場所を考えておくことが望ましいです。
ゴミ箱については、分別するためのスペースを確保することをおすすめします。
また、キッチンの動線を想定してレイアウトを考えるとh、リフォーム後に不便を感じることが少ないです。

 

*コンセントの位置が悪かった

キッチンリフォームをしたものの、電気配線工事はしなかったためにコンセントが届かなくなってしまったという失敗例もあります。
キッチンにコンセントが少ないと、タコ足配線によってコンセントをつなぐことが増えます。
タコ足配線は、定格容量を超えることで発熱・発火したり、延長コードが足に引っかかってケガをしたりする危険性があります。
キッチン家電は多くの電気を消費するので、多めにコンセントを設置することでタコ足配線を減らせます。

 

□まとめ

今回は、観音寺市の方に向けて、キッチンリフォームで陥りがちな失敗例をご紹介しました。
いくつかの失敗例を知ったことで、リフォームのときに失敗しないポイントがわかったのではないでしょうか。
失敗事例を学んで、思い通りのキッチンリフォームをしましょう。