内装工事と建築工事の違いとは?

「店舗の内装工事を検討しているけど、建築工事とどう違うの?」
「内装工事はどのような工事なの?」
このように、店舗の内装工事を検討している方は多くいらっしゃると思います。
しかし、内装工事と建築工事の違いについて詳しく知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、内装工事の内容を紹介した上で、建築工事との違いについて解説します。

 

 

□内装工事とは

 

内装工事は建物の内部の工事のことを指します。
具体的には、建物を改善するために壁や天井、床といった内部を工事します。
店舗をリフォームする場合は電気やガス、水道といった設備工事も含みます。
つまり、内装工事は内装を変化させる工事全般のことを指します。

 

 

□内装工事と建築工事の違い

 

内装工事と建築工事の違いは、建物を一から建てるか否かです。
建築工事は内装工事と違って、新築や増築といった大掛かりな工事である場合がほとんどです。
そのため、内装工事と建築工事では関わる業者が異なる場合が多いです。

 

 

□内装工事の進め方

 

*内装デザインのイメージを膨らませる

設計やデザインを依頼する前に、内装のイメージを膨らませておきましょう。
設計やデザインの打ち合わせをする際に、内装のイメージについて聞かれます。
そのため、内装イメージに近い資料を準備しておくと良いでしょう。

 

*費用の確認

内装工事は施工内容によって費用が異なります。
また、内装工事は追加の費用を請求されることがほとんどです。
言い換えると、初期段階と最終段階では内装工事の費用が変化しやすいです。
そのため、内装工事はきちんと行われているか、内装工事の費用は適切かどうかを逐一確認しましょう。

 

*複数の見積もりを出す

前述した通り、内装工事は施工内容によって大きく変わります。
また、業者の違いによっても費用に幅が生まれます。
そのため、複数の業者に見積もり依頼を行いましょう。
見積もりを複数取ることで、詳細な費用の比較ができます。
さらに、費用だけではなく業者の対応や知識の差も顕著に出てきます。

 

*スケジュールの打ち合わせ

内装工事を行う場合、どれくらいの期間が工事にかかるかを把握する必要があります。
特に店舗の内装工事を行う場合は、工事の期間中に通常営業ができません。
業者によってスケジュールが異なるので、事前に確認しておきましょう。
また、工事の期間から逆算して具体的な内装工事のプランを立てる必要があります。

 

 

□まとめ

 

今回は、内装工事の内容と建築工事との違いについて解説しました。
当社では、内装リフォームについてのご相談を随時受け付けています。
リフォームの専門家がお客様の要望に沿った最適なプランをご提案致します。
ぜひ一度、フォームかお電話でお問い合わせください。