観音寺市でリフォームを考えている方必見!よくあるトラブルとは!?

「リフォームでトラブルが起きないか心配」
「基本的なところから詳しく知りたいな。」
リフォームを検討する際によく悩まれるのが、どのようなトラブルが起こる可能性があるのかではないでしょうか?
そこで今回は、これからリフォームをする方必見のよくあるトラブルについて解説します。
トラブルの事例を予め知っておくことで、対応策を事前に取ることができます。
そのためにも、リフォームでよく起こるトラブルをいくつか見ていきましょう。

 

 

□リフォームでよくあるトラブル

*工事が一向に始まらない

前もって工事代金の1/3を支払っているのに、予定日になっても工事が始まらないケースがあります。
このような場合には、まずはリフォーム業者に連絡してどのような理由で遅れているのか確認しましょう。
連絡がつかない場合や連絡しても対応が遅い場合は、期限を決めて契約解除の書面を業者に送ります。
それでも改善がないと契約解除ができ、前払いの代金も返してもらいましょう。

 

*バリアフリーのつもりが、段差が残った

将来も考えて完全にバリアフリーにしたいと業者に依頼して、リフォーム後に確認すると1センチほどの段差があったケースが意外に多くあります。
このケースは、バリアフリーの言葉に理解の食い違いが起こっていることがトラブルの原因になっています。
このような常識のギャップやコミュニケーション不足に起因するトラブルがよく起こります。
この対策としては、発注者は自分の要望を遠慮せずに細かくはっきり伝えることが大切です。
図面で確認して、相互の考えの違いを事前になくしましょう。

 

*工事後の不具合に業者が対応してくれない

リフォーム工事が終わって、時間が経ってから気づくというケースもよくあります。
このような場合の対応方法としては契約書の補償内容と期限について確認しておくことが重要です。
業者の対応が不十分な場合には今後の交渉や対応方法について、電話相談や弁護士の専門家相談を活用するべきでしょう。

 

 

 

□まとめ

以上、リフォームでのトラブルについてご紹介しました。
言葉の捉え方の違いが意外に見落としていた部分もあったのではないでしょうか。
どのようなトラブルがあるか事前に知っておくだけでこのようなトラブルも未然に防ぐことができます。
今回の記事を参考に、リフォームのトラブル防止について検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。