観音寺市でリフォームがしたい方へ!クッションフロアについて徹底解説

観音寺市でリフォームを検討されている方はいらっしゃいませんか。
「床のリフォームをしたいけどおすすめの床材はなに?」
「クッションフロアの特徴が知りたい」
こうお考えの方もいらっしゃるはずです。
そこで、今回は、クッションフロアの特徴と、メリット、デメリットをお伝えします。

 

□クッションフロアとは

クッションフロアとは、ビニール系のシートでつくられた床材の1つです。
裏面にビニールを使用し、中間層に発砲塩化ビニールを使用するため、クッション性が高いのが特徴です。

 

□クッションフロアのメリット

*水に強い

クッションフロアは、材質がビニールであるため、非常に水に強いです。
水を吸収せず、はじくので、水にぬれやすい脱衣所やトイレ、キッチンにおすすめです。

*施工が簡単

クッションフロアの施工は非常に簡単で、DIYで行うこともできるほどです。
クッションフロアはとても軽く、ハサミやカッターを使えば思い通りの形にできるのです。
あらかじめ、施工場所の型を取っておけば、業者でなくても複雑な場所にクッションフロアを敷くことができます。
業者に依頼した場合でも、施工が簡単であるため、多額の費用がかかることもないでしょう。

*費用が安い

クッションフロアは、床材の中で最も費用が安い床材です。
一般的な複合フローリングの半額の費用で入手できます。
そのため、予算の少ない方や、頻繁にリフォームしなければならない賃貸マンションの管理人にとっては非常に魅力的でしょう。

*多くのデザインがある

クッションフロアはビニールを加工したものであるため、デザインが豊富です。
木目調、コルク、タイル、大理石というように、デザインの選択肢が多くあり、自分の好きな雰囲気をつくることができます。
加えて、今のクッションフロアに飽きたら、はがして違う雰囲気のクッションフロアを張るということが可能であるため、気軽に部屋の雰囲気づくりを楽しめます。

*メンテナンスが楽

クッションフロアはメンテナンスをする必要がほとんどありません。
耐久性が高いため、フローリングのように傷がつくこともほとんどありませんし、水にも強いからです。
もし水をこぼした場合は、乾いたタオルでふき取るだけで十分です。

*防音機能がある

クッションフロアは防音性にも優れています。
ビニールを層にすることによりつくられているため、音が発生しにくく、そのクッション性により、音を吸収するのです。
そのため、小さな子供のいる家におすすめです。

 

□クッションフロアのデメリット

*質感が安っぽい

見た目は木材や石材のようでも、クッションフロアの素材はビニールです。
そのため、どうしても本物の木材や石材には質感で劣ってしまいます。

*へこみやすい

クッションフロアは、傷には強いですが、圧力には弱いです。
家具を長期間同じ場所においておくと、その場所がへこんでしまいます。

 

□まとめ

今回は、クッションフロアの特徴と、メリット、デメリットをお伝えしました。
今回お伝えした情報を参考に、ご自宅にクッションフロアが適しているか慎重に検討してから、クッションフロアを使用するか決めてください。
床の内装工事に関するご相談があれば、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。