畳の張り替え方と張り替えの時期について!観音寺市のリフォーム業者がご説明します!

皆さんは、畳の張り替えを検討の際に
「張り替え方を知りたい。」
「張り替え時期の目安を知りたい。」
と考えたことはありませんか。
しかし、畳の張り替え方や張り替え時期について知らない方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、観音寺市の方へ、畳の張り替え方や張り替え時期の目安について解説します。

 

□畳の張り替え方とは?

 

畳を張り替える方法には主に3種類あります。
3種類の方法はそれぞれ、裏返し、表替え、新調があり、張り替え方法は使用した年数や畳の状態に合わせて選択することが一般的です。
浅い年数の使用であれば畳の裏面と表面を入れ替え使用する裏返しを利用するとよいでしょう。

また、裏返しが使えない場合は畳表を変える表替えを用いることがおすすめです。
表替えは畳表を取り換えるだけであるため、張り替え費用を安く抑えられます。
畳自体がひどく傷んでいる場合は畳そのものを取り換える必要があるため、新調をしましょう。

 

□張り替え時期の目安とは?

 

*年数で判断する

 

畳の張り替え時期の目安としてよく用いられることは年数で判断することです。
畳は一度張り替えを行った後、次の張り替えをするまでの年数はおおよそ5年から10年でしょう。
しかし、年数で張り替えを行う場合は既に畳が傷んでいることが多いです。
5年から10年の期間は使用状況によっては2年程度しか持たない場合もあります。
そのため畳の交換時期を年数で判断する場合も現在の畳の状況をしっかりと確認し、張り替えを行うべきか考える必要があるでしょう。

 

*畳の色で判断する

 

畳みの張り替えを行って間もない場合は緑色をしていることが多いでしょう。
しかし、畳は日頃から日差しや汚れの付着等が起こります。
そのため、畳の張り替えには日焼けによって変色をしているのか、汚れや染みはないか確認をしましょう。
日焼けや汚れ、染み等がある際は張り替えの目安になるため、畳の張り替えを行うことがおすすめです。

 

*畳の表面状態で判断する

 

畳を交換するか考える際に、畳の表面を確認し決めることもおすすめです。
日頃の使用による擦り切れや痛み等があれば張り替えの時期だと思いましょう。
また、表面の劣化でささくれ等がある場合はケガに繋がる恐れもあるため注意が必要です。

 

□まとめ

 

今回は、畳の張り替え方法や張り替え時期の目安について解説しました。
この記事を参考に、観音寺市の方は畳の張り替えを検討してみてはいかがでしょうか。
当社では畳の張り替えに関するご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問合せ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。