汚れた襖の掃除方法を観音寺市のリフォーム業者がご紹介

襖の汚れでお困りの方はいらっしゃいませんか?
襖は痛みやすいため、正しい掃除方法を知っておく必要があります。
今回は、襖の掃除方法を観音寺市のリフォーム業者がご紹介します。

 

□引き手

 

襖の引き手は毎日触れる場所であり、手垢で汚れやすいです。
手垢の汚れは、消しゴムを使うことで簡単に落とせます。
周りの襖を傷つけないよう白のやわらかな消しゴムでゆっくり擦りましょう。
それでも落ちない汚れは、雑巾と洗剤を用いて掃除しても構いません。
ただし、周りの襖紙は濡らさないように注意しましょう。

 

□襖紙

 

経年劣化による変色が起こりやすい襖紙は、パルプ紙や和紙でつくられていて痛みやすいです。
まずはハタキなどで埃を払い落とし、固く絞った雑巾で軽く拭きましょう。
また、ホームセンターなどで壁紙用の消しゴムが売っていますが、強く擦ると壁紙が破れるため、慎重に擦りましょう。
襖紙は水気に非常に弱いため、汚れや染みは掃除するのではなく、襖用の補修用の紙を上から重ねて隠す方法が効果的です。
ただし、ビニールクロスで加工されているタイプの襖紙は、水拭きしても問題ありません。

 

□襖の敷居

 

襖の下の溝はゴミが溜まりやすい場所です。
ホウキを用いてゴミを掻き出すか、ブラシ付きの掃除機でゴミを吸い取りましょう。
隅の汚れやしつこい汚れは、爪楊枝などの尖ったものでやさしく取り除きましょう。

 

□日頃のお手入れ

 

襖を長く使うためには、日頃のお手入れや定期的な掃除が重要です。
はたきなどでこまめに埃を取り除くことで、しつこい汚れを防止することができます。
また、換気も襖の変色を防止するためには効果的です。
特に梅雨の時期は、湿気によりカビが発生しやすいため、定期的に換気を行いましょう。
ただし、襖紙が長時間日光に当たると日焼けで変色するので注意が必要です。

 

□どうしても落ちない汚れ

 

広範囲にわたる変色や染み、カビは掃除で落とすことが難しいです。
このような時は、思い切って襖の張替えを行いましょう。
襖は長年使っていると色褪せて経年劣化するものです。
思い切った襖の張替えは和室の雰囲気を明るくしてくれるでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、襖の掃除方法についてご紹介しました。

襖は日頃のお手入れと襖紙を痛めない正しい掃除を行うことが重要です。
もし、襖紙の張替えを行う場合は、専門技術が必要になるため業者に依頼すると安心です。
観音寺市にお住まいの方は、ぜひ襖の張替えやリフォームの実績豊富な当社にご依頼ください。