店舗の内装工事の見積もり額を下げる方法を観音寺市の業者が解説

「店舗の内装工事の見積もり金額が高いような気がする。」
「見積もり金額が予算を超えてしまった。」
このようにお困りの方はいらっしゃいませんか?
見積もり金額を下げることで、お得に店舗を新装・改装できます。
今回は、店舗の内装工事において見積もり金額を下げる方法をご紹介します。

 

 

□見積もり金額を下げる方法

 

*坪単価を下げる

 

見積もり金額を抑えるためには、坪単価を下げる方法が最も有効です。
例えば30坪の店舗の場合、坪単価を2万下げると60万円分も見積もり金額を下げることができます。
建材や設備機器のグレードによって坪単価は決まるため、本当にこだわりたいもの以外はグレードを落とすと効果的です。
業者に予算と妥協できる点を伝えると良いでしょう。

 

*依頼する範囲を決める

 

店舗を改装する場合は、そのまま使用できる箇所や設備機器を再利用することで、新規に内装工事をする部分が減るため、その分見積もり金額を下げることができます。
お客様の目に触れにくい箇所がおすすめです。
業者に依頼するものと依頼しないものを区別することが見積もり金額を下げるコツとなっています。

 

*見積もり期間の確保

 

見積もりを早急に依頼すると、業者は工期遅れなどのリスク回避のために見積もりを相場より高く提示する傾向にあります。
しかし、業者に対して見積もり期間を算出する期間を与えることで、十分な物件調査や分析がなされます。
その結果、業者側が明確な施工計画を立てることができるため、見積もり金額もその分下げることが期待できます。
おおよそ2~3週間程度の見積もり期間を確保しておくと良いでしょう。

 

 

□時間がない場合

 

見積もり金額を下げるためには、十分な見積り期間を確保することが必要ですが、すぐにでも見積もり金額を下げたい場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

*情報提供

 

物件調査の際に業者に様々な情報を提供することで、業者の調査にかかる時間を短縮できます。
例えば、店舗の図面など物件の状態がわかるものを提供すると効果的です。
また、施工を依頼する範囲についても明確に伝えておくと良いでしょう。
その結果、精度の高い見積もり金額が算出されます。

 

 

□まとめ

 

今回は、店舗の内装工事において見積もり金額を下げる方法をご紹介しました。
適切な見積もり期間を確保して、場合によっては妥協をすることで、見積もり金額を下げることができます。
当社は観音寺市において店舗の内装工事の施工実績が豊富です。
店舗の新装や改装をご検討中の方のご依頼をお待ちしております。