床のリフォームの頻度は!?観音寺市の業者が教えます!

「床のリフォームってどれくらいの頻度ですべきかよくわからない」
「基本的なところから詳しく知りたいな。」
リフォームする際によく悩まれるのがその頻度ではないでしょうか。
そこで今回は、これから床のリフォームを考えている方必見の業者が勧めるその頻度について解説します。

 

 

□床リフォームの頻度

頻度は一般的に10〜15年程度とされています。
実際には、お家の床の状況によってそれぞれ異なるので、床の傷みが目立ってきたら張替えを行うのが理想です。
では、具体的に床の状態の判断について次から見ていきます。

 

 

□床リフォームのタイミング

床は毎日歩き回ることによって、知らず知らずのうちに傷んでいくものです。
特に、廊下やドアの動線は一番傷みやすいポイントです。
一見何の変哲のない床でも改めて確認してみると傷や凹み、日焼けによる色褪せに気づくことがよくあります。
最悪の場合は「めくれ」や「ささくれ」で怪我につながってしまうことです。
これらを防ぐためにも床のリフォームは必須と言えるでしょう。
基本的にはこれらの傷みを目安に床のリフォームを行うかの判断を行えば良いでしょう。
では、具体的にどのような症状が出ていたら床のリフォームをすべきなのか紹介します。

*大きな傷や汚れが目立つようになってきた
*日光の当たる側の変色がひどくなった
*歩いた時に湯ドコンピューティングが沈んだような変な感じがする
*フローリング板が劣化して色褪せや剥がれが目立ってきた
*落下物での凹みやすり傷が目立つ
*表面の板が剥がれて中の合板が見える
*床鳴りがする

上では主にお家の劣化が原因でのリフォームのタイミングです。
しかし、それ以外の場合も多くあります。
例えば、お部屋を家具に合わせてイメージを変えたい場合やお子さんが良く床に物を落とすので汚れや傷みに強い材質に変更したい場合のように、生活面からでもリフォームするきっかけとなることも多くあります。
また、床下には湿気がたまりやすく、腐敗やシロアリの被害を受けやすい箇所なので、リフォームの予定がない場合でもフローリングの点検を行うことをオススメします。

 

 

 

□まとめ

以上、床のリフォームにおけるおすすめの頻度やそのタイミングについてご紹介しました。
床のリフォームは基本的にその傷み具合から行うべきかを判断しましょう。
今回の記事を参考に、自分のお家に最適な床のリフォームについて検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。