壁紙の汚れに最適な方法とは⁈ 観音寺市のリフォーム業者が解説!

「お気に入りの壁紙に、汚れが目立つようになってきた!」
「壁紙の汚れをきれいにする方法を紹介してほしい!」
家の中でも、特にこだわりたいという方もいるのではないでしょうか。
しかし、どんなに掃除していても、やはり壁紙の汚れは目立ってしまいます。
お気に入りの壁紙なら、きれいな状態を保ちたいですよね?
その時のために、壁紙が汚れてしまったときの対処法を知っておきましょう。
そこで今回は、汚れた壁紙をきれいにする方法について詳しくご紹介いたします。

 

□壁紙の汚れを落とす方法

壁紙の汚れを落とす方法は、汚れによって異なります。
ここでは、代表的な汚れを取り上げて説明します。

 

*手あか

壁紙を触るだけでも、手あかが付着してしまいます。
手あかを除去するには、アルカリ性の洗剤がおすすめです。
アルカリ性の洗剤を壁紙に付着させます。
それを、たわしやスポンジなどで、こすります。
最後にその部分を水拭きし、乾燥させれば完了です。
また、アルカリ性の洗剤は、油汚れにも効果的です。

 

*カビ

カビが発生した場合は、漂白剤を使いましょう。
漂白剤を使うことで、表面のカビを取り除けます。
しかし、カビの場合、短時間で壁の内部にまで範囲が広がる可能性があります。
その場合、表面だけしかきれいにできません。

 

*ペンなどの筆記具

筆記具による汚れは、歯磨き粉やガラスクリーナーが効果的です。
この際の注意は、汚れたポイントだけを細かく対処することです。
広い範囲をまとめて、タオルなどで拭くのは、かえって逆効果です。
また、ペンが油性の場合は、汚れが落としづらいです。
時間がたつ前に、エタノールやクリームなどで、軽くこすりましょう。
そして最後に、水拭きと乾拭きをすれば完了です。

 

□リフォームも視野に入れて

壁紙の世声がひどい場合は、汚れを落とすよりも効率的な方法があります。
それは、リフォームで壁紙ごと張り替えるという方法です。
それなら、デザインを変えられます。
また、新品の壁紙になるので、新鮮さも取り戻せます。
だから、自分できれいにできない状態にあると思ったら、リフォームも視野に入れてみましょう。

 

□まとめ

今回は、壁紙の汚れをきれいにする方法についてご紹介しました。
汚れの種類によって対処方法は違います。
汚れの種類を判断し、適切な対応をとってください。
内部に汚れが広がった場合は、自分で対処するのは難しいです。
そういった場合は、リフォームという手段もあります。
試行錯誤して、対処方法を検討してください。
当社では、観音寺市を中心に、リフォームに関するご相談を随時受け付けております。
リフォームに関して、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
皆様のサポートをいたします。