内装工事を行う際の挨拶について観音寺市の業者が解説します

内装工事を行う際には、挨拶が重要であることをご存知でしょうか。
工事をすることで騒音が発生したり業者の出入りが目立ったりするなど、近隣の方にも影響を及ぼすでしょう。

そのため、事前に挨拶をすることが重要です。
そこで今回は、内装工事を行う際の挨拶について観音寺市の業者が解説します。

 

□内装工事を行う前の挨拶の重要性について

内装工事を行う際には、どうしても大きな音が発生したりたくさんの業者が出入りして周りの人の通行を妨げたりする可能性があります。
テナントビルの場合は、エレベーターや階段を使って何度も上り下りすることで、テナントビルの使用者を待たせてしまう可能性もあるでしょう。

何も連絡をしないまま大きな音が出たり知らない人たちが頻繁に出入りしたりする状況だと、近くに住んでいる方々を不安にさせることや、クレームが出ることにつながります。
自分が逆の立場で、何の知らせもないまま工事が始まると良い思いはしないですよね。

思わぬトラブルに発展しないためにも、近くに住んでいる方々には内装工事を行う前に挨拶をすることが重要です。
もし開業をするための内装工事を行う場合は挨拶をすることで、開業することを周りの人に認知してもらえるメリットもあります。
内装工事を終えてからの関係性を構築するためにも、丁寧な挨拶を心がけると良いでしょう。

 

□挨拶を行うタイミングについて

工事を行う前の挨拶の重要性について解説しました。
では、どのタイミングで挨拶を行うと良いのでしょうか。
以下では、挨拶のタイミングについて解説します。

近隣住民の都合も考慮して、工事前の挨拶は工事が始まる1週間前までに済ませると良いでしょう。
平日は忙しい方が多いため、平日は避けて土日の午前中に挨拶することをおすすめします。
訪問した際に留守の場合やどうしても会えない場合は、手紙を投函するなどの対応をしましょう。

挨拶の際には、工事内容や工事日時と期間、緊急時の連絡先などを伝えてください。
また、工事を行う際に大きな音やホコリが出る日が分かる場合は、その予定日を伝えると良いでしょう。
さらに、工事業者の車を停める位置を確認しておくことで、クレームを防げます。
不安があることは事前に共有しておくことをおすすめします。

 

□まとめ

内装工事をスムーズに行うためにも、今後の良好な関係性を築くためにも、挨拶は業者任せにせず、自分で出向いて丁寧に挨拶をすることが重要です。
挨拶を行ってトラブルを防ぎましょう。