丸亀市の店舗経営者の方必見!店舗に使用すべき床材とは?

丸亀市の店舗経営者の方の中で、店舗の床部分のリフォームをしようかとお考えの方はおられるでしょうか。
店舗の床部分のリフォームは、そう何度もすることではないので、詳しい方法を知らない方は多いでしょう。
そこで今回は、店舗の床リフォームのタイミングとよく使用される床材の種類について詳しく説明します。

 

□店舗の床部分のリフォームをするタイミングとは?

 

お店をリフォームするタイミングはさまざまありますが、ベストなのは、経年劣化による汚れや傷みが目立ってきたタイミングです。
とくに激しい色褪せや色の剥げなどの明らかな劣化や、拭いても取れない汚れがある場合は、リフォームを検討すべきタイミングと言えるでしょう。

定期的に掃除をして、どんなにきれいにお店を使用していても、経年劣化は避けられません。
そのため、先延ばしにせず、できるだけ早い段階で修繕をする必要があります。
とくに床材に関しては、耐久性に優れているものを選ぶことをおすすめします。

 

□店舗でよく使用される床材の種類とは?

 

*フローリング

 

フローリングには、単層フローリングと複合フローリングの2種類があります。

単層フローリングは調湿効果に優れており、コンクリートの2倍の断熱性があると言われています。
年月が経つとともに、木の風合いが変化するので、長期間人の目を楽しませてくれるでしょう。
しかし、物を落とした際に傷が付きやすいというデメリットがあります。

複合フローリングは、単層のものよりも安価で手に入り、傷が付きにくいというメリットがあります。
デメリットは、寿命が単層に比べて短いという点です。

 

*クッションフロア

 

塩化ビニールから作られている床材で、火に弱いという特性があります。
また、歩行の際の足への衝撃を吸収してくれるという点が大きな魅力です。

 

*長尺シート

 

クッションフロアと同様、塩化ビニールから作られる床材で、滑りにくいというメリットがあります。
また、土足の使用に耐えられる抗菌性も備えています。
ただ、クッションフロアと同じように、火に弱いという特性があるので注意しましょう。

 

□まとめ

 

今回は、店舗の床リフォームのタイミングとよく使用される床材の種類について詳しく説明しました。
経年劣化による傷などが目立ってきたタイミングで、リフォームを検討することをおすすめします。
床材を選ぶ際には、それぞれのメリットとデメリットを考慮したうえで、お好みのものを選ぶようにしましょう。