丸亀市にお住いでリフォームをする方へ!間取り変更リフォームについて解説します!

丸亀市にお住まいの方で
「子供が自立して子供部屋が不要になった」
「二世帯で暮らすことになったので寝室を増やしたい」
と考えている方はいませんか。
長年住んでいると生活スタイルも変わり、間取りの変更をしたいという方は多くいます。
そこで今回はリフォームで、家の間取りを変更させる方法を紹介します。

 

□間取り変更リフォームとは?

 

リフォームには「間取り変更リフォーム」といって家の間取りを変更できるリフォームが存在します。
つまり、家族構成や生活スタイルに応じて間取りを変えられるのです。
複数の部屋を1つの大きな部屋にすることや、1部屋を複数に変更することも可能です。
部屋の強度を維持したまま、間取りを変更するため施工者の技量が問われるリフォームであるといえるでしょう。

部屋数を増やす場合と減らす場合とでは依頼すべき業者も変わります。
部屋数を増やす際は、比較的どの業者に依頼しても大丈夫でしょう。
ただ、部屋数を減らして大きな部屋にする場合は、「建築事務所」「住宅メーカー」「建築会社」に工事を依頼することをおすすめします。

 

□間取り変更リフォームのコツ

 

ここでは間取り変更リフォームを成功させるコツを2つ紹介します。

 

*動線と空気の流れを意識する

 

間取りを変更するリフォームを成功させるには、部屋のサイズだけでなく、生活動線と空気の流れも考慮しなければなりません。
生活動線をスッキリさせれば、家事もしやすくなりますし、暮らしやすい空間に変わります。
また、空気の流れを意識して空気の流れ道を作ることで、部屋の通気性が良くなります。
そうすることで、家の中に臭いがこもることも少なくなるでしょう。
最近、人気な間取りは部屋を仕切る壁を取り払って、大きなLDKにすることです。

 

*採光や冷暖房の効率を考える

 

間取りを変更する際に忘れがちなのが、採光と冷暖房の効率です。
いくら家をおしゃれにしても、部屋が暗ければ美しく見えません。
部屋が綺麗に見えるように採光を計算することが必要です。
また、日光が部屋にしっかりとはいることでうつ病などの精神疾患にもいい影響を与えてくれます。

さらに冷暖房効率も間取りを考える上で無視できません。
間取りが違うと冷暖房効率も大きく変わります。
冷暖房効率が変われば、それだけ光熱費にも影響があるということです。
間取り変更リフォームを依頼する際に、外壁を断熱加工することも検討してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

 

今回は間取り変更リフォームについて説明しました。
間取り変更リフォームでより暮らしやすく、機能的な家を目指してみてはいかがでしょうか。
丸亀市にお住まいの方でリフォームを検討していましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。