丸亀市で飲食店の経営をお考えの方必見!飲食店の内装工事について解説します!

丸亀市の飲食店経営者の方に質問です。
1年以内のお店の内装工事をお考えですか。
もし、1年以内の内装工事を検討していましたらこの記事を読むことをおすすめします。
内装工事をする前にオーナーとして知っておきたいことを紹介します。

 

□内装工事の前に知っておくべきこと

 

内装工事は莫大な資金が必要な工事です。
事前にどれくらいの内装の予算があるのかを把握しておくことが重要です。
予算を決めないまま計画を進行してしまうと、必ずどこかで計画が崩れるでしょう。
プランを複数回練ることになれば、見積もり段階に多くの時間を費やすことになります。
スケジュールも遅れていき、オープンの予定をずらさざるを得なくなります。

また、予算が決まっていないと業者も提案をしにくいでしょう。
ある程度予算が決まっているだけで、依頼主と業者の両社が設備や工期がイメージできます。
したがって、最初に予算を決めることは工事をスムーズに進めるのに欠かせない作業です。

さらに、内装工事にはまとまった資金の準備が必要です。
工事によって費用は異なりますが、150万円~1000万円の用意が不可欠と言えるでしょう。
飲食店の工事の場合、大規模な水回り工事があるため、費用は高くなる傾向にあります。

 

□飲食店の内装工事で注意すること

 

*内装工事費用はローンが組めない

 

内装工事は高額な費用がかかるにも関わらず、ローンを組めません。
しかし、現金での支払いが難しいという場合もあります。
その場合、日本政策金融公庫や金融機関から融資を受けることをおすすめします。

 

 

*坪単価で内装工事費用が変わる

 

内装工事費用に関しては、坪単価で変わることが一般的です。
特別な工事をしない場合であっても、坪単価は約数十万円はかかります。
しかし、使用する素材によっても坪単価は変化しましょう。
そのため、事前に素材と合わせて工事費用を確認しておきましょう。

 

*インテリアは高額になりがち

 

お客さんの居心地を考えると、椅子の座り心地や照明にもこだわりたくなりますよね。
しかし、家具や雑貨をいったインテリアは意外と高額です。
こだわりすぎると総費用が大幅に増えてしまうこともあります。
インテリアにこだわる場合も、インターネットで似たような商品が安価で売っていないか探してみたり、リサイクルショップを回ってみるなどの工夫をすることをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回は内装工事を依頼する前に知っておきたい情報をお伝えしました。
近々内装工事をしようと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。