丸亀市で内装工事をお考えの方必見!内装工事の基礎知識をご紹介します

「内装工事を行うにあたって基礎知識を知りたい。」
「内装工事を行うまでにすべきことについて教えてほしい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

内装工事という言葉にあまり馴染みがない方もいらっしゃると思います。
そこで今回は内装工事の「基礎知識」と「事前にしておくべきこと」についてご紹介します。

 

□内装工事の基礎知識について

内装工事は建物を0から建てる建築工事とは別物です。
内装工事とは建物内部の工事のことをいいます。
一般的な住宅の内装工事では、床や壁、天井の工事を指すことがほとんどです。

しかし、店舗においては、床や壁の工事だけではありません。
ガスや電気、水道といった営業に欠かせない基本的な設備の工事も含めて内装工事とすることもあります。
このように、店舗の場合であれば設備工事もすることになるので住宅の内装工事より費用が高くなるでしょう。

費用は業種や立地、客単価によって変わってきます。
しかし、内装工事費は業種によっては初期費用の50%以上を占めると言われます。
できるだけ抑えられるように費用がどれだけかかるのかはあらかじめ詳細に把握しておきましょう。

 

□内装工事を行うまでに依頼主側がすべきこととは

*店舗内装の具体的なイメージを持とう

開業後の店舗イメージを具体的に持つことが大切です。

飲食店を例にとるならば、どの層をターゲットにするのか、何をどのようにして提供するのかを明確にしましょう。
また、どんな調理器具を使用するのか、どれだけの座席数を確保するのか、どのような壁紙を採用するのかといったことも決めておくべき大切なポイントです。

このようにイメージを明確にしておき、業者の方との打ち合わせの際にしっかりと共有できるようにしておくことをおすすめします。
工事前の打ち合わせでイメージの共有がうまくいっていなければ、工事終了後に自分の思い描いていたものとの乖離に後悔することもあるので気を付けましょう。

 

*資金の準備

内装工事をするにあたり資金を準備することは欠かせません。
上に述べましたが内装工事はかなりの費用がかかります。
所持金で内装工事を行えるのか、何かしらの手段を用いてお金を借りる必要があるのかをしっかり確認して準備しておきましょう。

 

□まとめ

今回は内装工事の「基礎知識」と「事前にしておくべきこと」についてご紹介しました。
少しでも内装工事についての知識を深めてもらえれば幸いです。
何かわからないことがあれば、気軽にご相談ください。