リフォームとリノベーションの違いを観音寺市の業者が解説します

敷地はそのままで家を新しくしたいとお考えの時に、大きく分けてリフォームとリノベーションの2つの種類があります。
そのどちらを選んだら良いか分からない方もおられるのではないでしょうか?
今回はリフォームとリノベーションの違いをそれぞれの特徴からご紹介していきます。

まず初めに、リフォームとリノベーションはどちらも建物の改修を意味する言葉として使用されており、それぞれの細かな違いをみていきましょう。

リフォームとは

リフォームは部分的、表面的な改修工事を指します。
老朽化してしまった家の各部分を新築と同様の機能を取り戻すために行う工事です。

リフォームの特徴は、後にご説明するリノベーションと比べて工事範囲が狭いため、費用が低く抑えられる点です。
また、工事期間が短期間です。

リフォームでは、間取りの変更を行うといった大規模な工事は行いません。
表面的に古くなった部分や設備の修繕が主な工事内容であるためです。
建物の一部のみを新しくすると全体の統一感が失われてしまうので、全体の調和を重視する必要があります。


リノベーションとは

リノベーションは、リフォームと比べて大規模な改修工事を指す際に使用される用語です。
今ある建物の機能を新築の時以上に高めるために行う工事です。


リノベーションの特徴は、自分の思うように内装設計を行える点です。
新築と同様に、自分の希望する内装を実現できるため、建物を一新したいとお考えの方にはおすすめと言えます。


建物の一部分のみを改修するリフォームと比較して、リノベーションでは建物の大部分を改修します。

そのため、費用はリフォームの場合と比べて高くなります。

リフォームとリノベーションの違い

このように、リフォームとリノベーションは、工事の目的が異なります。

リフォームでは、老朽化した機能を取り戻すために行うのに対して、リノベーションでは、さらにその機能を高めるために行います。

そのため、工事内容も異なります。

例えば、リフォームでは、壁紙の張り替えや古くなったキッチンを新しくする工事が挙げられます。

リノベーションでは、仕切りを取り払って間取りの変更をしたり、耐震性を高める壁に補修したりする工事が挙げられます。

このように、リフォームとリノベーションはその目的の違いから、工事内容も異なります。


最後に

以上、リフォームとリノベーションの違いについて解説致しました。
双方の特徴を理解して満足のいく判断をしてください。
株式会社R.Lifeではこのほかにも様々な質問にお答えしております。
内装リフォームに関してお悩みの方はぜひお気軽に当社までご相談ください。