マンション内装工事の騒音トラブル対策を観音寺市の業者が解説

マンションの内装工事をご検討中の方で、騒音トラブルについて不安に思っている方も多いのではないでしょうか。
リフォーム後も長く住み続けるために、騒音トラブルはできるだけ避けたいですよね。
今回は、内装工事における騒音トラブルについて、観音寺市のリフォーム業者がご紹介します。

 

□騒音トラブルのケース

 

*告知がない

いきなり内装工事が始まった場合、マンションの住人にとっては、どこで何をしているのか、いつまで騒音が続くのかがわからないため、不信感を募らせてしまい大きなトラブルに発展することも考えられます。

 

*生活時間帯

内装工事は日中にすることがほとんどですが、ご近所の方の生活時間帯によってはトラブルに発展する場合があります。
例えば、夜勤の仕事をされている方で毎日昼間に寝ている方にとっては非常に迷惑をかけてしまいます。

 

*子育て世帯

小さな赤ちゃんを育てている家庭では、騒音が赤ちゃんを怖がらせてしまうため、内装工事には過敏な反応を示す場合があります。

それでは、どのようにこのようなトラブルを回避していけば良いのでしょうか?

 

□騒音トラブルを回避するために

 

*事前告知

事前にマンションの住人に内装工事を告知しましょう。
マンションのエントランスホールに、内装工事の内容、期間と時間帯などの事前告知の張り紙を目安として1ヶ月前までにはしましょう。

 

*ご近所挨拶

近隣の方には特に迷惑をかけてしまう可能性が高いため、手土産を持って直接挨拶に行きましょう。
手土産は、菓子折りもしくは洗剤やタオルなどの生活用品で、1000~2000円程度が理想です。
訪問の目安として、両隣と上下3軒の部屋に行くと良いでしょう。
内装工事の内容を改めて説明した上で、迷惑をかけることのお詫びや、自分と業者の連絡先を伝えましょう。

 

*苦情対応

マンション住人から苦情をもらった際は、誠意をもって対応しましょう。
相手の苦情の内容を聞いた上でお詫びと説明をし、業者に対してもその内容を伝えましょう。
場合によっては、休日は内装工事を行わないようにするなどの対応策を講じることも必要です。

 

□まとめ

今回は、内装工事における騒音トラブルについてご紹介しました。
マンションの内装工事は、事前告知や挨拶回りなどの配慮によって住人の理解を得ることが重要です。
内装工事の後も円滑な近隣関係を維持するために、コミュニケーションは重要です。
観音寺市近辺にお住まいの方でリフォームをご検討中の方は、ぜひ一度当社にご相談ください。