マンションの内装工事ってどんな感じ?観音寺市の職人が事例をご紹介

マンションのオーナーをしている方の中には、
「最近、入居者が減って空室が目立ってきた…」
「新規入居者を獲得したいけれど、これといったPRポイントが見当たらない…」
そういった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
そこでお勧めなのが、マンションを内装工事することです。
「でも、マンションの内装工事って具体的にどんなことをするのかよくわからなくて不安…」
今回はそんなオーナーさんに向けて、マンションの内装工事の事例を、そのメリットとあわせてご紹介します。

 

□和室の床を畳からフローリングにかえる

近年、和室に比べて洋室の人気が高まっています。
特に若い年代の人々の間では、その傾向は顕著です。
そのため、元々和室だったところの床を畳からフローリングにかえて、入居者増加をねらうオーナーさんが少なくありません。
その際の大まかな手順は、以下のようになります。
初めに、既設の畳を剥がします。
次に下地調整をし、フローリング材を張ります。
その時に床と壁の境目の歪みを解消します。
和室の床がフローリングにかわることで、築年数の古さを感じさせない間取りになり、入居率のアップにつながります。

 

 

□機能性クロスに張り替える

最近は、ただおしゃれなだけでなく、様々な機能を持った機能性クロスが続々登場しています。
以下にいくつか例をあげます。

 

*防汚性クロス

 

汚れの付着しにくい構造をしており、仮に汚れが付着しても、水拭きで簡単に落とすことができます。

 

*耐久クロス

 

特殊なフィルムで壁紙の表面を加工しているため、耐久性に優れています。
一般のビニールクロスと比べると、耐久クロスはなんと10倍ほどもひっかき傷に対する強度があるといわれています。

 

*抗菌クロス

 

表面に特殊な抗菌フィルムが施されており、壁に付着した細菌の増殖を抑制します。

 

*吸放湿性クロス

 

部屋の湿度に応じて、湿気を吸収したり放出したりすることで、部屋の中の湿度を一定に保ってくれます。
日の入らない部屋や風通しの悪い部屋などでは、このクロスに張り替えることでカビを発生しにくくできます。

 

このように機能性クロスは、それぞれ特有の長所を持っています。
一般的なクロスから機能性クロスに張り替えることで、新規入居者獲得に向けその部屋に新たなPRポイントが加わることになります。

 

以上、マンション内装工事の事例を二つ、そのメリットと共にご紹介しました。
内装工事によって、魅力あふれる部屋にすることは、入居率アップにつながります。
観音寺市周辺でマンションの内装工事をお考えのオーナーさんは、ぜひ一度、株式会社R.Life へご相談ください。