トイレの床に適した素材とは?観音寺市のリフォーム業者が解説

「トイレの床の汚れが気になる」「トイレの床にはどのようなものが適しているのか分からない」というように悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
トイレは汚れやすい場所ですが、毎日使う場所でもあるので、きれいに保ちたいですよね。

そこで、この記事では、リフォームをする際にトイレの床にはどのような素材が適しているのかについて、香川県観音寺市のリフォーム業者が解説させていただきます。

 

□そもそもトイレの床に適するための条件って?

こちらではトイレの床に適している素材の条件を解説いたします。

*掃除のしやすさ
トイレの床は知らないうちに汚れていきます。
こまめに掃除をしていたつもりでも、思っている以上に汚れが広範囲に広がっていることが多く、汚れや臭いがこびりつきやすいのです。
トイレを清潔で快適な空間とするためには、掃除のしやすい床材を選ぶことが大切です。

 

*アンモニアや水・洗剤に強い素材を選ぶ
水や洗剤を吸収しやすい素材をトイレの床に使用すると、変色や腐食が起こることがあります。
アンモニアに強く、耐水性に優れた素材にすれば、掃除も簡単になるうえ、不快な臭いに悩まされずに済みます。

 

□素材ごとの特徴

*セラミックタイル
セラミックタイルとは、大きな一枚ものの高級感のある美しいタイルで、百貨店やショッピングセンターにも使用されているタイルです。
この素材は、耐久性・防水性がともに優れ、剥がれや色褪せの心配もありません。
このため、毎日の掃除が非常にやりやすいです。

 

*大理石
大理石をトイレの床に使用したいと考える方も多くいらっしゃいます。
しかし、目地の掃除や張替えが大変なため、大理石調のクッションフロアの方がおすすめです。

 

*クッションフロア
トイレの床に最も多く利用されている素材がクッションフロアです。
この素材は安価でありながら種類も豊富であります。
また、耐水性に優れ、汚れや薬品に強いため、汚れても水拭きをしておけばきれいになりやすく、掃除が非常にやりやすいです。

 

*フローリング
木材であるフローリングはアンモニアで傷みやすく、耐水性も劣っています。
継ぎ目部分から水がしみこんでしまうこともあります。
このように、フローリングはトイレの床の素材として優れたものではありません。

 

□最後に

リフォームをする際、トイレの床にはどのような素材が適しているのかについて解説してきました。
トイレは生活の中でも、かなりの重要で使用する頻度も高い場所です。
トイレの床の素材についてお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。