カーテンの種類って実はすごく豊富なんです!観音寺市のリフォーム会社が特徴をご説明!

「カーテンを選びたいけど、どれにすればいいか迷ってしまう。」
こんなお悩みをお持ちの方はいませんか?
カーテンには様々な種類があります。
そこで今日は、カーテンにはどんな種類があるのかについてご紹介したいと思います。

 

□ウインドウトリートメントの種類

カーテンはウインドウトリートメント(窓際の視線を遮るもの)の中で最も一般的で、皆さんにも馴染み深いものだと思います。
他にはブラインドやスクリーン、シェードなどがあります。
これらのファブリックを付けることで、部屋の雰囲気やデザイン性を高めるだけではなく、部屋の機能も高めることができます。

 

□カーテンの生地

カーテンの種類に関して、色々な分け方があります。
初めに、生地の分け方としては4種類です。

 

*ドレープ

ドレープカーテンは一般的な織物の厚手のカーテンで、カーテンと聞いて一番に思い浮かぶであろうものを指します。
こちらのカーテンは装飾性が高く、お部屋のインテリアの一部として取り入れていただけます。
機能としては、遮光性、遮蔽性、防音機能、断熱効果があります。

 

*プリント

こちらは平らな生地に絵柄を印刷したカーテンです。
こちらも、美しい色や柄を楽しめるのが特徴で、デザイン性を求めている方にはとてもおすすめです。
形としてはドレープやボイルなどがあります。

 

*レース

レースカーテンは一般的にドレープカーテンの下に掛けられます。
光を透過する薄手の生地のため、日中にかけられる目隠し用のカーテンとしての役割があります。
編み物タイプがレースカーテン、織物タイプがボイルカーテンです。
また、ボイルカーテンに刺繍を施したエンブロイダリー、光沢のあるオーガンジーなどがあります。

 

*ケースメント

ドレープとボイルの中間的なものになります。
レースよりは厚くボリュームがあるため、単品でも使用可能です。

 

□カーテンのスタイル

カーテンのスタイルは両開きの他にもたくさんあります。
・センタークロス
・クロスオーバー
・フラップアップ
・スカラップ
・片寄せ
・タブカーテン
・セパレート
・カフェカーテン
カーテンの裾上げが必要なものなどもありますが、かなりデザイン性のあるスタイルなどもあります。
カーテンを変える際はスタイルを変えると、雰囲気が変わるのでおすすめです。

 

□まとめ

カーテンには色々な種類があるということをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
迷ってしまうかもしれませんが、メリットを考慮して、お部屋に合ったカーテンを選んでくださいね。